人事セミナー.com

人事セミナー.com

初めての方へ

講師のご紹介

研修日程

ご利用企業様の声

会社案内

お問い合わせ

日本創造教育研究所フェイスブック

朝礼.com

HOME -> ご利用企業様の声 -> 河村 貴夫 様

河村 貴夫 様
河村 貴夫 様

お名前 河村 貴夫 様

会社名 株式会社九州三協

お役職 代表取締役社長

Q1.
貴社の事業内容、沿革をお聞かせください。

当社は昭和52年に設立以来、平成20年で31年を迎えました。
創業以来、顧客のニーズに対応すべく、鉄筋ガス圧接工事の専門工事会社として誠実施工をモットーに優秀な鉄筋ガス圧接継手を、また高層ビル建設などは鉄筋継手として絶大な信頼を誇るNKE溶接継手を提供して参りました。

しかしながら環境の変化に伴い、多様化する建築工法の採用により鉄筋継手のニーズは各種多様な継手工法が必要とされてきております。これらのニーズにお応えすべく当社は、専門工事業者から継手創造企業へと生まれ変わっていきました。
現在は、最新の継手情報の提供、各種現場条件に適合する継手の提案、誠実施工をもって更なる、品質・技術・安全の向上に努めております。

Q2.
当社の「人事セミナー」に参加された当時、どのような人事制度を採用していましたか。

技術のみでの評価をする人事評価制度をずっと使っていました。以前は私と幹部が一人いて、あとは皆作業員だったので、技術職の技術部分の評価で良かったわけです。ところが、今は管理だとか外部環境を考えていくと、そういうわけにはいかなくなりました。人間そのものの評価を給与に反映できるものがないと、腕だけよければ給料もらえる、という社員も出てきてしまいますからね。その辺が非常にあわなくなったのが事実です。

また、少しずつ自分達がやっている業務と評価に食い違いもでてきました。
例えば、採用地区が違うので東北・関東・福岡で採用となると、外部環境が違ってきます。また仕事の内容も「継手」と「起動」という全く異なる業種があり、その中で評価制度と給与制度が複雑になりました。業務が広がり、事業が全国的になることで地域差も出てきましたし、以前いなかった管理職も出来てきて、会社の成長と共に、今までの人事評価では全く間に合わなくなりました。
そこでもう一度全般的に見直していこう・・ということで人事セミナーに参加しました。

Q3.
当社の「人事セミナー」は、給与決定のためではなく、
人材育成のための人事制度を提唱していますが、この点についてどう感じましたか?

人材育成の部分で、一番印象に残っているのが「スモールウィン」(小さなことでも自分達で工夫して上手くいった過程、小さな成功体験)ですね。僕のやり方はビジョンがあって理念があって計画があって・・上から落としていくやり方で、私にとっては具体的なものでしたが、社員から言わせると「大きすぎる、すぐに成果が出せるものじゃない」という意見だったのです。

「スモールウィン」というものは、頭にあったのですが、それを評価できていなかったのです。講師も日々の仕事は「スモールウィン」の積み重ねだからここを大切にしなさい、と講義の中で言っていました。そのことがとても印象に残っていたので、現在は会議の中で「スモールウィン」を発表する場を作ることで、皆で評価しあい、承認していける環境が出来ています。そしてその積み重ねが、いつか評価制度に繋がればいいなと思っています。

また、そのことで経営の中の一つを担っているという感覚が社員一人一人に芽生えてきているように思います。 この小さな日々の「スモールウィン」は、実はここに繋がっているんだ、という理論を伝えることで社員さん達は、よりそこを意識しながら動いているな、と思います。

Q4.
当社の「人事セミナー」に参加され、
貴社の人事制度にどのような課題・問題点があると感じましたか?

「スモールウィン」をどのように評価制度に結び付けるか、というところを正直悩んでいます。つぎはぎ型の評価制度を10数年もやってきましたので、根本的に変えていきたい、というのがあります。「個人個人の能力や個性等が会社に発揮している度合い」などを評価に結びつければいいのですが、それをどう結びつけるか考えがなかなか生まれてこないですね。

社員さんと面談で話をすると、10人いれば10人違う意見なのですよ。ある社員さんは社長の見るままに、評価をしてくれればいいと言う社員さんもいるし、きちんとした自分自身が目に見える評価がないとモチベーションが上がらないという社員さんもいます。また、私は社長と直接仕事をしていないので分からないでしょう、という社員さんもいらっしゃいます。そういう意味でいけばバラバラなのですよね。それをどうまとめていくか、というところが難しいですね。

Q5.
人事制度は永遠の課題と言えますが、
これからどのような人事制度を構築していこうとお考えですか?

人材教育を進めていきながら、現在うちにはない「キャリアプラン」を創っていきたいと思っています。そしてそこに「スモールウィン」を結び付けていきたいですね。

今年一番の私の大きなテーマである「人事評価」の部分を、現在コツコツとやっていますが、なかなかつながらないですね。ただ全体の目標は常に掲げていますから、その目標を達成する為に自分たちはやっているのだ、という気持ちはここ1〜2年で身についてきたと思います。現場でその作業を1つこなすのが仕事じゃないというのは、社員もわかってきてくれているようで、だいぶ変わってきました。

常に、目標があり、その目標に対してどれだけ本人がモチベーションを高め、そこに関われたのかということを評価できる、人事制度を構築していきたいと思っています。

HOME -> ご利用企業様の声 -> 河村 貴夫 様

Copyright(C) 人事セミナー.com Co.,Ltd All Rights Reserved.